INTERVIEW
社員インタビュー 白石 美咲

MISAKI SHIRAISHI

熱い“想い”を持ち
多くの人が使うシステムを開発。

白石 美咲
SE

プラットフォーム本部 ペイメントサービス1部
入社3年目 / 理工学研究科 数理情報学専攻 卒業

チーム一丸となってシステムを開発
胸が熱くなる経験になった

「システム開発で世の中の便利に貢献したい!」と思ったことが、SEになりたいと思ったきっかけです。SCCの会社説明会で、自分の仕事・自分の作っているシステムについて、熱く語っている社員の姿を見たときに「ここで働きたい!」と感じました。自分の仕事に誇りをもって、熱く語ることができるなんて、すごく素敵。「こんな人になりたい!」と強く思いました。

SCCに入社後は、社内とグループ会社の勤務管理システムの開発を担当。その後は、クレジットカード決済システムの開発に携わっています。クレジットカードの決済端末と決済センターの中継を行う決済アプリの設計、開発、テストと一通りの業務を経験しました。当初はメンバーの一人としてプロジェクトに参画していましたが、中盤からはプロジェクト内の一つのチームのリーダーとして、自らメンバーに指示を出しながらプロジェクトを進める立場になりました。

チームリーダーになると、お客様の問い合わせ対応を行ったり、プロジェクトリーダーと密接に連携したりと急激に業務の難易度が高くなりました。また、私自身の知識不足、経験不足により、うまくスケジュール管理ができず苦労することもありました。しかし、周囲のフォローやメンバーの頑張りもあって、無事にシステムをリリースすることができました。
リリース後も安定稼働しています。チーム一丸となり、世の中の多くの人たちが利用するシステムを開発できたこの経験は、今思い返しても胸が熱くなります。

「人」が魅力のSCCだからこそ
見えたこれからのビジョン

入社以来、日々実感するのは、SCCの「人」の魅力です。他の会社と一緒に仕事をすることもありますが、よく「SCCさんはワイワイ仕事していて楽しそう」と言われます。仲が良いだけでなく、“助け合って良いものを作る”という社風が浸透しています。例えば、私が不慣れなチームリーダーとして苦労していた時は、チーム以外の人たちも、他のプロジェクトではどう対応しているか、どうスケジュールを組めばいいかなど、リーダーになるために必要なアドバイスをくれました。私から質問した時にも、毎回親身になって教えてくれました。この社風が、私を含めた一人ひとりの成長や会社としての技術力の高さに繋がっています。

また、SCCには若手にチャンスをくれる社風があります。早いうちからリーダーや後輩育成を任せてくれる一方で、手厚くフォローもしてくれます。私自身が周囲の人たちからのサポートで成長できたからこそ、今後は、私が後輩を育てられるようになりたい。技術的なアドバイスはもちろん、前向きに取り組む姿勢や、挑戦することなどの“想い”も伝えていきたいです。まずは後輩を育て、チームを育て、将来はプロジェクトそのものを管理するプロジェクトマネージャーになりたい。そうやって、ずっと胸を熱くしながら働くことが、私の目標です。

A DAY

ある1日のスケジュール

9:15 出社
まずはメールをチェック。今日の業務を確認して、チームメンバーに指示を出します。
10:00 問合せ
お客様からのお問い合わせに対応します。
12:00 昼食
オフィス周辺で同期とランチへ。
13:00 個人作業
結合試験や検証用環境の構築、実装など、自分の業務をします。時には、後輩からの質問に対応したり、アドバイスしたりします。
17:00 夕会
お客様にプロジェクトの進捗状況を報告します。
19:00 帰宅
明日の準備をして退社。

MY FAVORITE!

趣味は絵を描いたり漫画を読んだりすることです。休日は家で過ごすことが多かったのですが結婚して以来、夫の影響でドライブやスポーツ観戦などに出かけるようになりました。サイクリングにも一緒に行くのですが、夫はちゃんとしたクロスバイク、私はママチャリで20kmも走っています。何かおかしいぞと思うことはあるのですが、結果として外に出るようになったのは良いことかなと思っています(笑)。

FROM BOSS

ポジティブに仕事をこなし、
周りのお手本となるような頑張り屋さん!

白石さんは、仕事に対して非常に前向きで、プロジェクト全体を自然と明るくするような雰囲気をもっている人です。向上心を持ち、仕事を一つでも多く覚えてスキルアップしようという姿勢で仕事に取り組んでいるので、成長スピードも早いです。また、誠実に仕事をこなすため、安心して仕事を任せられます。仕事の話をしていても、いつの間にか日常会話の談笑に変わっていることもしばしば。相手への心配りを忘れず、持ち前の陽気さと巧みな関西弁で明るい雰囲気をつくってくれます。プロジェクトチームのメンバーや顧客様からの信用もあり、周りに優しく、自分に厳しく、ポジティブに仕事をこなす。そんな見本となるような頑張り屋さんです。

  • 関係性
  • 上司
  • 鈴木 星司 ペイメントサービス2部

INTERVIEWEE